• た行

23

団体信用生命保険

団体信用生命保険とは、アパートローンなど借入をする際につける保険のことで、融資の返済期間中に債務者が死亡、または高度障害となった場合など一定条件を満たせば保険会社が定められた金額を金融機関に支払い返済する仕組みです。

ローン返済中に債務者が亡くなり、残された家族が返済困難になる(=金融機関が融資を回収できなくなる)事態などを回避することを目的としています。