• あ行

10

一般媒介契約

一般媒介契約とは依頼者が複数の不動産業者に媒介や代理を依頼する契約のことを指します。
1社とのみしか契約できない専属専任媒介契約や専任媒介契約とは違って、他社より早く成約しなければ、仲介手数料が発生しないため、不動産会社競争意識を持たせ、売却が早く実現する可能性があります。
また、一般媒介契約には「明示型」と「非明示型」があり、「明示型」は依頼者が他の業者に依頼した旨を告げる義務があるが、「非明示型」にはその義務がありません。