• 物件購入

10

不動産投資で1億円の融資を受けるにはどうしたらよいか

不動産投資に融資はつきものです。融資を受けることによって自己資金を大きく超えるような物件も手に入れることができます。自己資金だけで1億円の物件購入は容易ではありませんが、融資を受けることができれば手が届くのです。不動産投資で1億円の融資を受けるにはどのようにしたらよいか考えていきましょう。

 

1億円の融資を受けるメリット

不動産投資で融資を受けるメリットをまとめてみましょう。レバレッジ効果によって自己資金の利回りは向上します。自己資金だけでは手が届かないような物件も入手可能です。しかもそれらは家賃から返済することができます。1億円の融資というと一大決心が必要ですが、不動産投資ならば十分手が届く金額なのです。

投資スピードが速くなる

自己資金を1億円貯めようとすると、相当な時間がかかります。サラリーマンの生涯賃金が3億円程度とすると、一生かかっても貯めることができないおそれも。ですが、融資を受けさえすれば、そんな長い時間が必要ありません。投資スピードが格段に速くなるのです。物件購入が融資を活用することでスピーディーにできるようになります。

自己資金が少なくても投資ができる

自己資金が少ないと満足に物件を購入することもできません。物件の規模が小さいと、それに連れて収入も少なくなります。これではいつまで経っても投資規模を大きくすることができないのです。そこでやはり融資の活用です。属性や物件次第で自己資金の何倍もの融資を受けることもできます。自己資金が少なくても投資ができるようになるのです。

家賃収入で返済が可能

融資の返済も自ら働いて返す必要はありません。1億円もの大金を返すのは確かに大変です。ですが、物件が収益を稼いでくれます。物件から得られる賃料を原資として返済していけばよいのです。当初の資金計画に誤りがなく、想定通りに物件が稼働していれば、自己資金から返済する必要もありません。

 

1億円もの融資をデメリット

1億円もの融資を受けるデメリットやリスクももちろんあります。それは返済できない可能性があることです。死亡や高度障害であれば団体信用生命保険が適用されます。物件の被災は損害保険でもカバー可能です。それ以外の計画の甘さ、突発的な要因などは自分で何とかしなければなりません。返済を続けなければならないこと。それがデメリットといえます。

 

どこをみて1億円もの大金を融資するのか

1億円の融資を申し込んでも、ある人は融資を受けることができ、ある人は断られてしまいます。その差はどこにあるのか、融資担当者も教えてくれません。ここでは、金融機関の融資審査でどんな点を審査するのかみていきます。それは与信のような属人的なことから、物件のよしあしまで多岐にわたるのです。

債務者の与信

まずは融資を受ける人、つまり債務者の属性です。属性とはその人の収入、勤務先、所有している資産、家族構成といった債務者の情報のこと。万一融資が返済されない場合に回収可能かどうかを判定するのです。この他、不動産投資の経験も加味されます。駆け出しの初心者よりはベテランのほうが失敗は少ないからです。

不動産投資物件の収益性

属性だけでなく、投資物件の収益性も審査対象です。返済額が物件の収益を超えるような融資はできません。収益に対して大きな返済額だと、自分の手元に残るお金も少なくなります。金融機関によってどこまで融資をしてくれるかは異なりますが、収益とのバランスが重要なのです。

不動産投資物件のよしあし

物件の収益性だけでなく、不動産そのものの状態も加味されます。融資が焦げ付いた際の担保は投資物件そのものです。高く売却できると予想すれば、融資額も大きくなります。反対に物件価値が小さい物件には金融機関も消極的です。同じ値段の物件でも立地条件や状態によって評価が異なってきます。

 

まとめ

不動産投資に融資がつきものであれば、融資には審査がつきものです。見ず知らずの人にお金を貸すのですから、金融機関も慎重になるのもうなずけます。現在は歴史的な低金利が継続中です。融資を受けるにはチャンスともいえます。物件を吟味し、資金計画をしっかり作成すれば、1億円の融資も夢ではありません。効率のよい不動産投資のためにも融資を活用しましょう。