• あ行

9

イールドギャップ

イールドギャップとは投資利回りと長期金利との差を示す言葉です。
イールドギャップの高さはレバレッジの大きさを指します。
不動産投資の場合、投資を行った物件の利回りと、借入金の金利の差ということになります。

例えば、家賃収入が年間500万円、物件価格が5,000万円ということであれば利回りは10%になります。一方、この物件購入する際の資金を銀行から金利3%で借りたとすると、イードルギャップは投資物件の利回り10%と借入れ金利3%との差7%となります。