• 物件購入

295

プロフィールシートは不動産投資に用意したい必須アイテム!

融資を受ける際にプロフィールシートは便利なツールです。融資担当者はプロフィールシートがあると業務がずいぶんと楽になります。自分や物件のことがまとまっていると、無駄な説明をする必要もありません。ここでは不動産投資にあると便利なプロフィールシートについてご紹介します。

 

プロフィールシートって何だ?

プロフィールシートという言葉を知らなくても、就職活動で履歴書や職務経歴書を書いたことがある人は多くいます。融資を受けることになる本人や所有物件のことが記載されているのがプロフィールシートです。いわば履歴書の代わりになります。ここで説明するのはプロフィールシートの概略と使い方です。

自己紹介の書類

プロフィールシートは文字通りプロフィールを記載した書類です。履歴書には学歴や職歴、資格や志望動機が記載されています。プロフィールシートも基本的にはこうした本人に関する事項が記載されているのです。この他記載されているのは、所有物件があればその概要、融資の残債があればその額などです。

金融機関に提出する

プロフィールシートが提出されるのは、金融機関です。金融機関は融資の審査をする必要があります。審査は窓口の担当者がするわけではありません。窓口担当者はその融資希望者のことを詳しく知っていても、審査担当とは直接面識がないことが一般的です。ここにプロフィールシートの存在価値があります。このプロフィールシートの内容がそのまま審査書類の一部になるのです。

 

プロフィールシートと一緒に用意したい書類

プロフィールシートは就職活動における履歴書や職務経歴書のようなものであることは説明しました。ただ、プロフィールシートだけですべてを説明するには足りません。一緒にいくつかの書類も提出することで説得力を増すのです。ここでは、プロフィールシートと一緒に用意したい書類をあげてみました。

身分証明書、所有物件に関する書類

まずは身分証明書です。運転免許証やパスポートなどがこれに該当します。公的書類で身分を示す必要があるのです。所有物件があればその物件の概要も添付しましょう。審査に当たっては類似の事例は参考にできます。その物件が優良物件で黒字であれば、不動産投資家として優秀さをアピールすることも可能です。

収入に関する書類、個人の財務諸表

続いて収入に関する書類です。不動産以外にも収入がある場合には、源泉徴収票や確定申告書類を添付しましょう。これ以外に自分の財務諸表が整備できていれば、これを一緒に提出することも一案です。個人としての利益がどれくらいなのか、不動産投資が万一失敗しても回収できるのかは金融機関も興味を持っています。

 

プロフィールシートのメリット

プロフィールシートは作成して損のない書類といえます。それは作成に手間はかかるものの、それを上回るメリットがあるからです。金融機関、特に融資審査のほとんどは書類審査。書類の内容で審査が左右されるのです。プロフィールシートのメリットについて考えていきましょう。

説明する必要がなくなる

仮にプロフィールシートがないと、窓口担当者に最初から説明することが必要です。自分が何者でどんな物件を持っていてと、それは大変な作業になります。プロフィールシートを作成しておけば、その作業が大幅な軽減されるのです。不動産投資のベテランほどプロフィールシートの重要性を認識しています。それは繰り返し同じことを説明する必要が省けるからです。

一度作ればあとが楽

このプロフィールシート、一度作成してしまえば再度作成する必要はありません。もちろん、ブラッシュアップは必要ですが、書き直しや追加はゼロから作成するよりもずっと楽です。書き直すたびにプロフィールシートも洗練されていきます。使いまわしやブラッシュアップができるのもプロフィールシートが重宝される特徴です。

担当者も重宝する

重宝するのは本人だけではありません。金融機関の担当者も同様です。審査の際には窓口担当者や審査担当者も行内書類を作成します。プロフィールシートのようにまとまった書類があれば、口頭で聞いた情報よりもずっと正確です。プロフィールシートは自分のための書類ではありますが、金融機関の担当者にとっても有用な書類となっています。

 

まとめ

日本はよくも悪くも書類社会です。どんなに優秀な不動産投資家も書類上で評価をされなければ、融資を受けることができません。優秀な不動産投資家ほどプロフィールシートのような書類を重視しているのです。プロフィールシートは書き足したり、書き直したりすることでどんどん洗練されていきます。それは不動産投資家としての能力とも比例しているのです。